インドネシア海外出張 Vol.4「東スンバワ島、パーフェクトウェーブで大会スタート」

West Sumbawa Pro 開幕

いよいよ、Yoyo’sというサーフスポットで大会がスタート。波のサイズはかなり大きく、時間帯によってはジャンクなコンディションとなっていました。タイミングが合えば最高な波で選手4人という人数でサーフィンができるコンデションでした。

大会会場のまわりには何もなく、海と本部テントのみ。食べ物を調達する場所もなく、体調管理がハードでした。ココナッツを売っていたのが救いでした!

僕はRound2 Heat7にエントリー。練習中の波はかなりジャンクだたものの、ヒートでは最高なコンデションで競技をすることができました!しかしながら、ポテンシャルのある波に乗ることができず、5~6点台までスコアがなかなか伸びず最後の最後まで波に乗ったのですがRound23(17)という結果で終了。

国際大会でよい結果が残せないのがかなり悔しいです。毎回、海外に来るたびに本当にたくさんの課題が見つかります。ポジティブにレベルアップしてきます!

おまけ ~ インドネシア現地の民家におじゃましてみた ~

今日の投稿は内容があまりないため、おまけを付けてみます!現地の人たちの生活がすごく気になったのでお家にお邪魔してみました。

リビングルーム

ダイニングルーム

キッチン

礼拝ルーム

かなり心地よさそうなお家でした!インドネシアではほとんどの人がイスラム教徒のため、お家に礼拝をする部屋があるのが驚きでした。現地の人のライフスタイルを見れて大満足でした。快く自宅にお邪魔させてくれた現地の方に感謝です。

About next post

ロンボク島にある夢のようなサーフスポットへ。大橋カイトくん、松岡ケイトくん、ペペン・ヘンドリックさんをはじめインドネシアのレジェンドたちと共に最高な波をヒット…

Next Post 『インドネシア海外出張 Vol.5「ロンボク島の奥地にある夢のようなサーフスポット」』を読む

- EDITED BY -

石川拳大

石川拳大 / Kenta Ishikawa

1994年生まれ、湘南在住。家族の影響で4歳からサーフィンを始める。高校時代はオーストラリアに4年間留学。高校卒業後は神奈川大学に入学。日本学生サーフィン連盟に所属をし、全日本大会や世界大会で活躍。卒業制作に映画『OCEANTREE ~ The Journey of Essense ~』を発表。卒業後は業界初の企業アスリートとしてNTTグループ日本情報通信株式会社(NI+C)に就職。国際環境NGOサーフライダー・ファウンデーション・ジャパンの事務局長としても活動中。